オオキンカメムシの森山

悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、普通、体をがんにさせない役目をする物質を作り出すための金型のような遺伝子の異常で発病するというのは周知の事実です。
クモ膜下出血(SAH)とは90%近くが脳動脈瘤と言われる血管にできた不必要なこぶが破裂して出血してしまうことが要因となって罹患してしまう命にかかわる深刻な病気だということを多くの人が知っています。
気分障害うつ病は脳の中の神経伝達物質セロトニンが不足し、憂うつ感、不眠、なかなか抜けない疲労感、食欲不振、体重減少、強い焦り、意欲の低下、そして重症になると自殺企図等の深刻な症状が心身に現れるのです。
何か物を食べる時は、食物を気軽に口へ運んで何度か噛んで飲み下して終わりだが、それから人体はまことに律儀に活動し異物を人体に取り込む努力を続けているのだ。
強い痛みを伴うヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の隙間にあるクッション的な役割をする椎間板(ツイカンバン)という名前のやわらかい円形の組織が飛び出てしまった様子を指しているのです。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というものは就寝中ではなく覚醒状態で命を維持する(鼓動、呼吸、腎機能、体温や筋緊張の保持等)ために要る理論上の最小限のエネルギー消費量のことを指します。
HIVを有している精液や血液のほか、女性の母乳や腟分泌液といったいたる所の体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜などに触れることにより、感染の危険性が高くなります。
世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、紫外線A波のデタラメな浴び過ぎは肌に健康障害を誘引するとして、18歳以下の若者が肌を黒くする日焼けサロンを利用する行為の禁止を各国に提起しています。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が横になっていても燃焼してしまう熱量であり、5割以上を様々な筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・脳の3つで使うと言われているようです。
虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科手術としては大体「大動脈内バルーンパンピング」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス術」という両者の手段が高い確率でおこなわれています。
音楽会やライブなどの開催されるスペースやダンスを踊るためのフロアなどに据えられている大音量スピーカーの真正面で大音量を聞き続けて耳が聞こえづらくなることを「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と言います。
嫁と離婚したくない
なんとなく「ストレス」は、「溜めてはいけない」「除去すべきもの」ものと捉えがちですが、本当のところは、私たち人は様々な種類のストレスを感知しているからこそ、活動し続けることができています。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最もよくある中耳炎で幼い子供に多くみられる病気です。強烈な耳の痛みや38℃台の発熱、ひどい鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(みみだれ)など多岐に渡る症状が現れるのです。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質を合成させるために働く特殊な酵素や、細胞・組織などの活動に関係する酵素など、約200種類以上ある酵素の構築成分として非常に重要なミネラル分だといわれています。
アミノ酸の一つグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を低減したり突然変異を招く人体に対する有害物質を身体の中で無毒化し、肝臓の働きをより良くする役目が確認されているのです。